35kg減量物語」 

 

                          (指導担当者) 管理栄養士  遠山真由紀

              ある女性が自らの心と対峙し、90kg台から50kg台に変身した真実の物語です。

                                      健康であった10年前の自分に出会う感動的な旅でした。

●彼女の今までの「太る食べ方」から、より快の「健全な食生活」に進化したのです。「食べ方」は「生き方」なのです。

●某雑誌に毎月1回、「同時進行・同時掲載」した事実の記録に基づく物語です。決して、結果が出た後に掲載したものではありません。                                         

                             
 

                     ~はじめに~

◇下表の「開始時」と「改善幅」の数字に着目してください。体重の約半分が脂肪量であった女性が長年の夢を見事に実現し10年前の自分に出会えたのです。彼女は思春期から成人期に移行した「脂肪細胞増殖性肥満」です。一般的には「やせにくいタイプ」に属します。

◇この旅の記録の内容である減量の推移実績、彼女の感想文などは、「シティ情報ふくおか」にダイエット開始から終了まで、毎月、「同時進行・連載」した真実の記録です。

◇過去には75k減量、60kg~50kg~40kg~30kg~20kg台の減量、そして10kg前後の減量実績は数知れずですが、「開始から終了まで」完全密着して「心の軌跡」を記録した経験は彼女が初めてでした。

◇この物語を読んで頂くと、ダイエットは、単に首から下の肉体の体重を減らすことでなく、その人のココロ(脳)の作用が主役であることを理解していただけると思います。

◇スタートから目標到達までの感動的な「心の軌跡」をご紹介します。ダイエットを始めたいと思っておられる人々へのエールとなることを願っています。             

なお、主人公への食生活指導の内容は、発売中のCDプログラムに組み込まれています。

 

                      「35kg減量」実績表   (会社員・29歳・身長159cm)

   Kg・%・cm

    開始時

    終了時

   改善幅

   体   重   ㎏

     91.1

     56.3

  -34.8

内、脂肪量   ㎏

     44.0

     14.0

  -30.0

  体脂肪率   %

    48.3

     25.0

  -23.3

 B M I(体格指数)

    36.0

     22.3

  -13.7

  上      腕   cm

    42.5

     27.0

  -15.5

  脇・背 中   cm

  105.0

     83.0

  -22.0

  ウ エ スト  cm

   93.0

     66.0

  -27.0

  下 腹 部   cm

   121.0

     88.0

  -33.0

  ヒ  ッ  プ    cm

   114.0

     89.0

  -25.0

  太 も も     cm

     71.0

     53.0

  -18.0

   膝 関 節  cm

     53.0

     44.0

    -9.0

  ふくらはぎ  cm

     44.5

     35.5

    -9.0

  足      首   cm

     25.5

     21.0

    -4.5

           脂肪量減少率 (減少脂肪量÷減少体重)   -86.2%

 

[実績の評価]

「脂肪量減少率」

減量内容の評価で一番重要な項目である。減少体重の内、86%が脂肪で減少しており、約14%は、脂肪組織縮小に伴う不要水分の排出による減少である。この比率が健康減量の本当の証しである

 

「体脂肪率」

度肥満48.3%から正常値の25%に大幅な改善を実現。

              

                  「BMI(体格指数)」

高度肥満の「36」から、正常値「22」台に改善。体脂肪率とともに健康減量を証明している

               

                    「部位サイズ 

腹部33cm減を初め、全身各部位がバランスよくサイズが減少し、健康体型美が実現。                               

 

 

   

                                 90kgの人生から、50kgの人生になった、
                                           ある女性の
「心の軌跡」の物語です。~

・1 10年前の19歳頃の体重は60kgぐらいでした。当初の「目標体重」は60kg。 それは彼女にとっては「10年前への旅立ち」でした。ある女性の「ココロ」 のありようが織りなす「カラダ」への変化の物語です。 ダイエットとココロ(脳)の関わりが鮮明に表現されています。

 ・以下「◆」印の文章は、彼女の感想文です。 「◎」印の文章は、私(瀬野文宏)が同誌に載せた文章です。

 ◆2年前から急に太りだして、あっという間に体重が増えてしまいました。洋服は全部着れなくなるし、少し歩いただ  けでも、きつく疲れてしまう状態。このままではいけないと自分でダイエットをしてみたりもしましたが、結局 途中でくじけてしまい、またその反動で太るというありさま。 もう何をしても無理なのだと思いあきらめていました。

・彼女が私たちの所でダイエットをしようと決心した時の感想文です。この感想文を掲載した第一回の紹介記事に私は次のように述べています。

 ◎新しい、そして健康で美しい自分を再発見する旅に出た彼女を激励し応援するため、今回から追跡レポートをします。肥満で悩んでいる方々に、きっと大いなる勇気と感動を与えてくれることでしょう。彼女の肥満は、正常者に比べて脂肪細胞数が多い「増殖性」 で、太りやすく、やせにくい体質です。第一次目標は30kg減量して、10年前の最低体重60kgに戻すことです。 三食しっかり食べながら、週3回通う 健康減量法ですから、月間2kg~4kg以内のペースです。 目標達成までの間に「山あり谷あり」と思いますが…。

 

 [実 績]
1カ月目実績「4.6kg減」 
2カ月目実績「3.7kg減」
3月目実績「3.5kg減」…<累計>「11.8kg

・毎月、その月の実績内容と彼女の感想文、私のコメントを掲載しました。

◎彼女の肥満は発育期から続いていました。生育暦において知らず知らずに太る習慣が 身についていました。その積み重ねが脂肪の蓄積を促進していたのです。 この長年にわたる習慣を変えることは大変困難です。なぜなら、過去の太る生活が 「自由であり快である」との思いが彼女を支配しているからです。すなわち、 「太る脳」になっているのです。この太る脳から「太らない脳」に変えるのが私たちの仕事です。

 

4カ月目実績体重「2.3kg減」
<累計>…   「体重14.1kg」「脂肪量14.0kg減」「ウエスト10cm減」「ヒップ9cm減」「太もも6cm減」

◆ 私にもできると思って始めて4カ月。雰囲気は明るく、 何といっても女性しか入れず、先生方も女性ばかりで気に入りました。 今まで運動なんてまったくしなかった私です。ここの運動はハードでないし、 運動嫌いな私が楽しくしています。ストレス解消にもなるし最近では体調もよくなり、運動をしないと反対に調子が悪いような気がします。

◎目標30kg減量に挑戦中の彼女は、4カ月間で約半分の14kgを達成し60kgへ向けて快調です。「食べない、ダイエット食品類に頼る、運動しない」やせ方は問題です。なぜなら、体重が減っても筋肉など体主要成分が著しく 衰退減少し肝心の余分な脂肪はあまり減りません。その結果、体力低下、シワ・タルミ、月経停止などを招く原因になり、また体重はすぐリバンドします。彼女の場合は、体重と脂肪量減少がほぼ同じで推移しています。全身についていた 余分な脂肪が着実に減少していることが、部位サイズの変化からもわかります。

彼女の「太る脳」から、「太らない脳」にするにはどうすればよいでしょうか。 それは、自由・快と感じていた太る生活よりも、もっと自由であり、もっと快と 感じられる生活があることを気づかせて体感させることです。すなわち、 太る食べ方よりも、もっと美味しい食べ方、メニューを教え実践させることです。 さらに、身体の軽さや快適さを実感させることです。

 

5カ月目実績…  体重「3.9kg減」
    <累計>…「体重18.0kg減」「上腕7.5cm減」「腹部17cm減」  「ヒップ12cm減」「ふくらはぎ4.5cm減」

ここへ通うまでに、スポーツクラブなどに行ってみたいな~と、 思ったりもしましたが。初めてここへ来たとき、スタイルのよい人ばかりではないかと、 と思ったりもしましたが、それが今の結果です。目標までまだまだですか、 あせらず頑張りたいと思います。近頃では外に出て歩くのも好きになりました。 意志の弱い私ですが、先生方に励まされながら、くじけずによくここまでこれたものだと、喜んでいます。

◎19歳頃60kgであった彼女が、5カ月前は91kg。「10年前の自分に戻りたい!」と 決心してスタートして現在73kgに。減量目標30kgまであと12kg、60kg台にあと一歩です。 開始時の不安げな表情から、今は明るく生き生きとした自信のある表情に変わりました。 各部位サイズも腕から脚部にいたる全身についていた「余分な脂肪」が着実に減ってきました。 特に、彼女の場合、腹部の内臓にも脂肪が蓄積されていましたが、それも見事に減って、17cmも細くなっています。

・快の食べ方」が身についてきました。多種多様な食物を美味しく食べることは、単に肉体の健康だけでなく、脳(ココロ)を活性させる食べ方です。

 

6カ月目実績体重「3.7kg減」 =69.4kg
  <
累計>…「体重21.7kg」「脇・背中12cm減」   「ウエスト14cm減」「腹部20cm減」「太もも9.5cm減」

嬉し恥ずかしの60kg台!長いようで短かった6カ月間でした。 私もこんなに早くここまでこれるとは…ビックリしています。 体重計のメモリが、70kg台から60kg台になったとき、「ヤッター!」  という気分で…ドキドキ、ワクワク! 街並みを歩く足どりが軽くって、 軽くって。ウインドに映る私がまるで別の私のようです。

◎6カ月でいよいよ60kg台に突入。この間、仕事を終えて週3回真面目に通われた努力の結果です。心より拍手をおくります。しかしこれからの9kgは、21kg減量実績とは別の意味で重要です。気持ちのゆるみや安心感があると失敗 します。最後まで油断せずに頑張ってください。体重減少21.7kgの内、 脂肪量減少率が93%の20.2kg。大変良好な内容です。

・安全に、健康的にやせる生活は、過去に体験したことのない高いレベルの自由と 快です。この感覚を会得すると、人は低いレベルの自由や快から脱却することができ ます。すなわち、太る過去の生活の自縛から解放されます。

 

7カ月目実績体重「2.0kg減」
  <累計>…「体重23.7kg減」「ウエスト16cm減」 「腹部21cm減」「ヒップ16cm減」「太もも12cm減」

 通い出した頃と7カ月後の今では洋服も3サイズ以上も小さくなって嬉しい悲鳴をあげています。久しぶりに会った人が、「やせたね!」って言ってくれて…。目標にたどりついたら、絶対に着たい服があります。 あと、6kgあまりですが最後まで頑張ります。

◎減量目標30kgまで、あと6kgと迫りました。年末までに到達するために、いよいよラストスパートです。クリスマスにはドレスアップしてディナーの  予定がありますね…。油断せず頑張ってください。まだまだ細くなりますから、洋服を買うのを待ってください。

・体重が順調に減少するというココロとカラダの「快」は、さらにその先に到達できるであろう「快」の状態を予見することができるようになります。 彼女はすでにその予見を感じているのです。

 

8カ月目実績体重「2.3kg減」 <累計>…「体重26.0kg減

◆信じられないほど順調に体重が減り、ウキウキしていたとき、66kg台がなかなか切れず、いったりきたり。「ちょっと焦り気味に!」。そして、やっと66kgが切れて「自分のカラダは正直だなぁ!」と感じました。怠ればそれがカラダに表れる。緊張感が足りなかったのです。もしも私一人でしたら、きっと苦しさにくじけてあきらめていたと思います。

◎彼女の感想の通り、ここまで来るのに決して平坦な道ばかりではありません。だが、その苦しみのなかでココロとカラダは表裏一体であることを身をもつて 会得しました。すなわち、美しくやせたいと思う人は、方法を間違わなければ 必ず、やせられるのです。反対に、現在太っている人には「太るココロがある」 ということです。

太る生活をしていた頃の彼女は、「ココロ」と「カラダ」は別々のものと思い込んでいたのです。 ところが、ココロのありようは、そのままカラダに転化されることを体感したのです。彼女にとっては大きな進歩です。

 

9カ月目実績体重「3.0kg」 <累計>…「体重29.0kg減」  =体重62.1kg

 ◆以前の私もそうでしたが、太っているというだけで、ココロのなかが暗くなるなんて、なんと悲しいことでしよう。でも、やっぱり現実はそうなんです。外を歩くのも嫌いだし、太っているときは、やっぱりココロのなかが狭くって、何につけ消極的で、そんな自分が嫌いでした。しかし、今は30kgの減量を一日も早く達成し、次の目標に向かって出発します。

◎過去の自分の心境を素直に告白し、現在の気持ちと対比しています。スタート時には想像もおよばないことでした。彼女は無意識に書いたのだと思いますが、大切なことを述べています。「太っているとき…ココロのなかが狭い…消極的で…」は、肥満している「カラダ」の現象が「ココロ」のありように投影されていることです。その状態が、その時の人格や性格を形成していることが読み取れます。ところが、「30kg減量まで、あと1kg」となった現在は、「一日も早く達成して、次の目標にむかって…」 というように、積極的で前向きな「ココロ」に見事に変わっています。当然のように思われるかもしれませんか「ココロ」のありようが数カ月間で正反対の状態になることは、本当は大変な出来事であります。

  

                       ついに、夢が実現しました!

                                                    ○9カ月目より10日後実績

                           体重「31.1kg」  <累計>…  体重30.1kg減 =体重61.0kg  

 「上腕12.5cm減」「脇・背中16cm減」「ウエスト22cm減」「腹部28cm減」「ヒップ21.5cm 減」

 「太もも15.5cm減」「ふくらはぎ6.5cm減」

 

◆ついに30kg減量達成! 嬉しくて、嬉しくて、涙が…。たった9カ月余りで、10年前の自分に戻れたなんて、信じられません。 意志の弱い私がここまでこれたのは優しい先生方のおかげです。今年、人生が変わる予感がします。

・30kgの子供一人分が自分のなかから消えたのですから、その「軽さ」の実感は大変なことと思います。9カ月余りという短い時間で、タイム・トンネルをくぐり10年前に戻ったのですから、その感激が伝わります。大切なことは、「戻れた」という事実です。同一の女性のココロの作用でカラダが元に戻れたのです。別の言い方をすれば、「太る、やせる」は、同一の人格の中での体重のレベルの変化であり、決して、他人の人格に変わって生じるみのではないということです。ですから、誰でも、決心して行動すれば、夢が叶えられるのです。

 

◎やったね! おめでとう! スタートして9カ月と10日目です。あなたの素晴らしい勇気と決心、そして努力に心から拍手! 開始時と今では、まるで別人。健康に美しく、そして、若々しく輝いています。成功したのは、あなた自身の意志の力です。そのことを誇りにしてください。そして、これからの人生の自信にしてください。さて、あと少し、50kg台を目指しましょう。女性が90kg台から50KG台になることは、「ココロとカラダ」の変化というだけでなく、人生に「幸福」という文字をそえることになるでしょう。

 

                           ◇50kg台を目指す新たな挑戦が始まりましたが、

                 

                      その後まもなく「50kg台」を実現しました。

 次へ